健美生活④冬はゆったり半身浴

087351

寒い冬、冷えてこわばった体をほぐしたいですね。
そんな時に有難いのがお風呂。温かいお湯につかると、本能的に安心感を覚えます。
そんなお風呂の入り方でも特に体をあたためる効果が高いのが半身浴。
みぞおちの下ぐらいに張ったぬるめのお湯に長時間入ることにより、じんわりと体の奥からあたたまり汗が出てきます。
そんな半身浴が無理なくできる小技をご紹介したいと思います。

■いろいろな工夫で半身浴を楽しもう!

半身浴のポイントは、じっくり体をあたためることにあります。
とはいえ、ただじっと入っていても手持ちぶさたになってしまいますよね。
そんなときは色々な工夫をして、心地よいバスタイムを演出しましょう。

1.香りを使う
香りは、人の本能的な部分に働きかけます。
お気に入りの入浴剤を入れるのもよいですし、もっとナチュラル志向の人はアロマオイルを数滴たらしても自然な香りが気分をほっとさせてくれますよ。

2.音を使う
音も、人の気持ちを左右する大切な要素です。浴室で使える防水・防滴のオーディオ機器を利用してもいいですし、防水ケースにスマホを入れてプレイリストの曲を流すのもアリですね。
選曲は普通のお気に入りでもいいですが、たまにはクラシックやジャズなどはいかがでしょうか。いつもと違う音楽で特別な雰囲気が出ると楽しいかもしれません。自然音なんかもリラックスタイム向きですよ。

3.活字を使う
香りや音でリラックスする入り方がありますが、もっと積極的に時間を使いたいという人には本を持ち込んで読書をおすすめします。
入ったまま半分フタをして、バスタオル等をしいた上で本を読めば基本的に濡らすこともありません。
万が一ふやけてしまったりしてもいいように、借り物ではなく自分の本を持ち込むと安心です。
また、読書中に思いついたことを書けるように、メモとペンも一緒にあるといいかもしれません。

4.飲料水を使う
半身浴を美容と健康のために行う人は、長風呂のおともに飲み水を持ち込むことをおすすめします。
がぶがぶと飲む必要はありませんが、じっくり汗を出して水分がほしくなったとき、いつでも飲めるようにするとよいでしょう。

5.体を使う
お風呂の中で、自分の体をあちこちマッサージするのは血行も良くなりますし暇つぶしにもなるのでおすすめです。
リンパマッサージなどの心得がある人は、水を飲んでマッサージしましょう。汗と一緒に老廃物が流れてくれますよ。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る