コーポ、メゾン、ハイツ… マンションやアパート名の意味は?

110934g

アパートやマンションなどの集合住宅で、よくコーポ○○、メゾン△△、ハイツ□□といった物件名を見かけますよね。実際に住まれている方もいるかと思います。
なんとなく語感が特徴的ですが、本当はどういう意味なのか?と聞かれると答えられる人は少ないのではないでしょうか。

■いろいろな集合住宅の名前とその意味

このように、色々な名前がついているので違いが気になりますが、基本的に、そのネーミングにあまり意味はありません。
大家さんのセンスで自由に○○ハイツとか名前をつけている、というのが実際です。
実際に建物に違いはありませんが、語感としてはさまざまありますので一部をご紹介します。

・ハイツ 「高台」(heights/英)
・コーポ 「共同住宅」(cooperative house/英)
・メゾン 「家」(maison/仏)
・ヴィラ 「別荘」(villa/仏)
・シャトー「貴族が住むカントリーハウス」(chateau/仏)
・カーサ 「家」(casa/西)
・ハイム 「家・住まい」(heim/独)

単純に「アパート○○」「マンション△△」ではつまらないので、少しでもおしゃれな感じを出そうとつけていることが多いようです。

■マンションとアパートの違い

では、「マンション」や「アパート」はどうかというと、こちらは違うタイプの集合住宅のことを指します。
アパートは「1~3階建ての木造住宅 建物の内部を区切り、独立した住居として賃貸するもの」
マンションは「アパートよりも戸数が多い 鉄筋コンクリートや重量鉄骨でできた共同住宅・分譲住宅」に対してされる呼び名です。
アパートは同じ集合住宅でも、やはりマンションより廉価な印象になります。
そのチープな感じをカバーするためにアパート名がコーポ○○、シャトー△△とつけられるのは、納得ですね。

■英語で言うときは注意を

さて、いろいろな集合住宅の名前を見てきましたが、これは日本語での意味になります。
英語などで外国人に説明するときは意味が異なりますので注意しましょう。
例えば英語圏の人に「私はハイツに住んでいます」と言ったら「高台に住んでいるの?」と言われ、返しに困ることでしょう。
また、ありがちなのが「私はマンションに住んでいます」と言って「豪邸に住んでいるなんてすごいですね!」と誤解させてしまうパターンです。

英語でアパートやマンションのことは、apartmentと言います。また、イギリスとその影響が強い地域(オーストラリアなど)ではflatという呼び方をします。ぜひ覚えておきましょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る