雪でも安全運転!作戦編

a0ea487521195fd47c89b7e2a0cb00f6_s

前回は、雪のあるエリアに備えた装備とアイテムをご紹介しました。
タイヤの安全対策とトラブル対策グッズで一応は安心感が得られました。

■悪路を走るには作戦が不可欠

とはいえ、ドライブは長い道のりです。見立てが甘いと予測していなかった事態に見舞われて大変な目に遭うかもしれません。
まずは走行予定エリアについてシミュレーションしましょう。

・幹線道路を走る
雪のある地域では、メインの幹線道路を中心としたルート想定しましょう。
コンディションの悪い天候下で細街路などに入るのは得策とは言えません。
ルートを考える際に気を付けたいのは、地図やナビは大ざっぱな目安にすぎないということです。
地図やナビの画面を頼りにしすぎると、いざ入ってみて思わぬ走りにくさや危険度の高さに裏切られる可能性があります。
いろいろな可能性を想定しましょう。

・時間だけはたっぷりと
積雪が予想される地域を走る場合、事故防止のために低速での走行を強いられます。
また、雪の状況によっては通行止めになるなど交通整理がされていることも十分あります。
雪道の運転で急いだり焦ったりすることほどリスキーなことはありません。
ゆったりすぎると思うぐらい時間を多く見積もって安全運転をしましょう。

・路面
雪国で運転のさまたげになる路面コンディションがいくつかあります。
まずは、圧雪。積もった雪が圧し固められています。軽度のものであればスタッドレスタイヤで問題ありません。
しかし交差点や交通量の多い場所では圧雪が更に硬くなり、おまけに車のタイヤが磨きをかけ、スリップの危険性が増しています。
積もりたての雪ではなく、積もったものが溶けて再凍結した路面(アイスバーン)は強敵です。
滑りやすさでは最高レベルですので念を入れた運転をしましょう。
また、日当たりのいいところのアイスバーンは表面が少し溶けて更にスリップしやすくなります。
路面のコンディションのほか、要注意なのが雪と風のコンビネーションです。
雪が風によって巻き上げられると突然視界が妨げられ危険です。スピードを落として様子を見ながら運転してください。

■落ち着いた運転のために
心構えや前情報があるとないとでは全く安全度が変わってきます。
不測の事態に慌てたり、同乗者との雰囲気が悪くなったりしてしまうと不必要なアクシデントを招きかねません。
危険を完全に予知することは不可能でも、シミュレーションによって落ち着きを得ることができます。
面倒がらずに作戦を立てましょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る