意外な?白い歯をつくる11種類の食べ物

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

白い歯って健康的ですよね。
日本人はそこまで気にしませんが、アメリカなどの人は歯の見た目をとても気にします。
きれいに揃った歯を見せてのスマイルは、まさに映画や広告のようですね。
歯垢のない歯、虫歯のない口。
歯を自然に白く保つことは、歯の健康とお口の衛生状態を守ることでもあります。
今回は、あなたの歯と口の強い味方となってくれる食材をご紹介します。

食材1:セロリ

独特の風味があり、好き嫌いがあるのは否めない野菜、それがセロリですね。
歯への意識がとても高いニューヨークのとある歯科医の方によるとセロリには2つの効果があるそうです。
まず、繊維質たっぷりのセロリを噛むことによって唾液の分泌が促されます。
それによって口内が中和され、虫歯の発生をおさえる効果が生まれます。
それから、シャキシャキとした食感が歯茎をマッサージしたり歯間を掃除してもくれます。
歯にはさまった繊維を取り除けば完璧ですね。

食材2:いちご

意外かもしれませんが、いちごは実は歯のホワイトニング効果を持った酵素を含んでいたりします。
普通に食べるのも勿論良いでしょうし、もし大量に手に入ったらペースト状につぶしたものを指で歯に塗りつけて1分ほどおき、それから口をすすぐとよいでしょう。

食材3:ごま

化石などを調査すると、旧石器時代のヒトはとても丈夫な歯を持っていたことがわかります。
人類学者の見解では、種子類などの原始的な食材を食べることによって歯垢を落としエナメル質を強化していたことが一因ではないかと言われています。
例えばゴマは歯の周囲の骨や歯茎の健康を維持するのに役立つカルシウムをたっぷり含んでいます。
そんなうれしい食材、ゴマ。
週に何回か、サラダや蒸し野菜にふりかけて食べてみると良いかもしれません。
やさしく歯をきれいにしてくれますし、カルシウムも摂取できるので一石二鳥ですね。

食材4:チーズ

研究によると、炭水化物が少なく高カルシウム・高リン酸ナトリウムのチーズは歯によい影響を与えることが分かっています。
虫歯発生の大きな要因である口内のpH値を調節してくれる機能があるのです。
他にも、歯のエナメル質を保護・再石灰化したり、
虫歯や歯周病の元凶である微生物を殺す唾液の分泌を促進してくれる効果も期待できます。
夕食後に食べる甘いデザートの代わりにチーズを食べてみるのもいいかもしれません。
どちらかというと歯につきにくい固めのチーズのほうがおすすめです。

食材5:緑茶

日本人にとって身近な飲み物、緑茶ですが、
カテキンには糖分を歯垢に変えるバクテリアを殺してくれるという優秀なはたらきがあります。
歯のためだけでなく、口臭の原因菌にも効くのがうれしいですね。
一日に2~5杯を目安に飲んでみるとよいでしょう。
ペットボトル入りのものより、きちんと茶葉から出したものがおすすめです。

食材6:キウイ

キウイは小ぶりですが、他の果物に比べてずっと多くのビタミンCを含んでいます。
例えば大きめのキウイであれば一日の所要量を超えるぐらいのビタミンCが摂取できるほどです。
ビタミンCはとても一般的な栄養成分ですが、歯の健康には欠かせないものでもあります。
不足すると歯茎の組織がもろくなり、歯周病菌に冒されやすくなってしまうからです。
もちろん他の野菜や果物にもビタミンCは含まれていますが、キウイは効率が良いですし、また、おいしいのでおすすめです。

食材7:たまねぎ

とても一般的な野菜であるたまねぎですが、とても強力な抗菌作用をもつ硫化物を含んでいます。
たまねぎの成分は色々なバクテリアを殺菌しますが、その中に虫歯の原因であるミュータンス菌も含まれています。
一番殺菌効果の高い食べ方は、むきたての生を食べることです。
ただ、においは強いですので息対策をした上で食べましょうね。

食材8:パセリ

から揚げなどの添え物としていまいちメジャーではない立ち位置のパセリですが、これも強い味方の一人です。
においの強い食事の後にパセリを噛むと、お口のにおい対策に効果的です。
モノテルペンという揮発性の成分がささっと血流に乗り肺まで届き、息の元から働いてくれるのです。
まさに天然のブレス・ケアですね。

食材9:しいたけ

ある研究によると、しいたけに含まれるレンチナンという糖質は歯垢を形成するバクテリアの働きを抑制することが明らかになっています。
しいたけは風味もよく健康にも良いので積極的に使っていきたいですね。

食材10:わさび

わさびはお寿司に欠かせない薬味ですが、歯を守ってくれるうれしい働きもあったりします。
イソチオシアネートという辛味成分が虫歯菌の成長を抑制するということが分かっています。

食材11:水

水を飲むと歯茎が潤い唾液の分泌が促進されますが、それは歯垢や虫歯をつくる菌に対してできる最大の防御です。
当たり前のことですが、口を水ですすぐだけでも口臭の原因となる食べ物のかすをいくらか取り除くことができます。
食後に歯磨きまではできなくても、口をすすぐことは忘れないようにしましょう。

■まとめ

意外な食材も含まれていたかと思いますが、このように、色々な食材が私達の口内環境を守ってくれます。
色々な歯磨きやホワイトニングの道具、マウスウォッシュなどがありますが、
特にそういったものを使わなくても食べ物で自然にケアできたら理想的ですね。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考:http://www.naturalhealthmag.com/beauty/11-foods-whiten-teeth

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る