自分の見た目が好きじゃなくても魅力的になれる6か条

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

もし自分の顔やスタイルが芸能人やモデルみたいだったら…。そんな風に思ったことってありませんか?
人は見た目じゃない。とは言ってもやっぱり魅力的な姿でいたいのが人情。
自分が美女・イケメンでないなと思っている人は自信もなくなってしまいがちですよね。
見た目に自信がない→落ち込む→更に微妙な表情・姿勢になっていく…という切ない悪循環はどこかで断ち切りたいもの。
今回は、自分の見た目を前向きに受け入れ魅力的になるためのポイントをご紹介していきます。

1.自分を厳しく評価するのをやめてそのままを受け入れる

あなたの見た目は確かに浜崎あゆみでも福山雅治でもないかもしれません。だからといって落ち込むのはちょっと早いです。
専門家によると、ほかの人はあなたが思っているより2割増しであなたの外見を見ています。鏡で自分自身を見る時にあれこれ減点しているから、他人が見たほうが高評価になるということですね。
幼い頃は、親に「かわいいね」と言われたりするまま信じていたかもしれませんが、学校などに入ると必然的にクラスメイトなどと自分を比べてしまいます。思春期の自意識が芽生えることも大きな理由ですね。このようにして、みんな「自分は見た目があまりよくない」という思い込みを持つようになっていきます。
思い込みは単なる思い込みにすぎません。そのままの自分を受け入れて、世界に一人しかいない自分の姿を抱きしめてあげましょう。そうすることであなたは強くきれいになることができるのです。

2.地球上の誰もが本当に魅力的だと思うような顔の人は存在しない

あなたの見た目が一般的でなくても、だから変な顔ということにはならない。これはひとつの真実です。
特徴的な顔をしていてコンプレックスを持っている人は、「なにが美しいと言われるかは時と場所によって全く違う」と覚えておきましょう。
また、上で触れたとおり、誰でも自分の容姿には厳しい目で見ているものです。
そして、完全に全ての人が綺麗と思う顔、ぶさいくと思う顔というものは存在しません。人によって感覚や好みは本当にさまざまだからです。
例えば現実には、どんなにお金を積まれても堀北真希とキスしたくないというような男性もいます。
どんな人でも、誰かしらには魅力的なのです。
この事実は覚えておきましょう。

3.そうはっきり決められることじゃない

どんな人でも誰かしらには魅力的なのは、誰にも必ず美点と欠点があるからです。
完璧な人っているようでいませんよね。これは覚えておきたいことです。
それだけでなく、完璧にぶさいくでもうどうにも手のつけようがない人というのも、存在しないのです。
理屈っぽいでしょうか?でも、本当のことですよね。

4.欠点ばかりでなく美点をしっかり見るようにする

自分の美点をしっかり見るようにすることも大切です。
自分の顔や体で好きだと思えそうなところを見つけたら、もっとそこを意識しましょう。
いつものように高い理想と自分比べて低い評価をしてしまうようだと難しいかもしれませんが、客観的に素直に見たらきっといくつも「そう悪くないところ」として挙げられるはずです。枝毛っぽい髪や太い脚を見てため息をつくかわりに、口とか、ちゃんとした形の鼻とか、ほかの子が羨むようなまつ毛を意識してみましょう。
ところで、男性の好みとしては細すぎる脚よりもぽっちゃりした脚のほうが人気があったりするんですよ。

5.褒められたら素直に受け取るようにしてみる

例えば、体重を増やすことができなくてガリガリで魅力がないと思っているとします。
そういう時は、あなたの美しさをほめてくれる人を想像してみます。
そんな人に褒められても、遠慮して良く言ってくれるだけと思うかもしれないですね。でもとりあえずありがとうと受け取ってみてはどうでしょうか?
あなたの十分気付いていない魅力を言ってくれているのですから。
明らかなお世辞は誰からも見え見えなので無視すればいいでしょう。でも普通に褒められたときは深読みしすぎず素直に受け取りましょう。それは本当のことだから。
「人はお世辞を言って慰めてくれてるだけ」なんて悲しい思い込みを無視できるようになったら、きっととても気分が良くなるはずです。

6.人間として深くいってみる

見た目の美しさは、すごく表面的なことであると同時に、多くの人が何よりも気にする部分でもありますよね。
心理学者によると、人の魅力とは見た目だけのものではありません。
所作とか、人間としての輝きなども魅力の大きな構成要素です。
人として頭がいい、面白い、のんびり屋さん、物事に夢中になる… そんな色々な要素が、見た目の欠点を補ってあまりあるほど魅力を増大させてくれるものです。
自分自身であることをおそれないで、そのままの姿で勝負してみましょう。

参考:http://www.beautyandtips.com/motivation/6-tips-on-how-to-act-confident-when-you-dislike-your-looks/

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る