5つのステップで愛猫にしっかり薬を飲ませよう

7c8985e57d5a2c51a399531054fe0298_s

猫ちゃんを飼っていると、虫下しや感染症に使う抗生物質といったお薬を飲ませる機会に出会います。
しかし健康になってほしいという飼い主の思いに反して、猫は正直なので薬を嫌がります。
薬の中には猫が好むような風味にしてあるものもなくはありませんが、基本的には苦味があったりして美味しいものではありません。
飼い主が飲ませたいと思い、猫は変なものを口にしたくないと思います。
今回はこの両者の思いがかなうための5ステップをご紹介します。

1.薬を知る

まずは薬のことをしっかり知りましょう。
市販の薬剤であればきちんと説明書を読みます。
獣医さんの処方であれば用法・容量や注意事項をしっかり聞いておきます。
錠剤の中には、ゆっくりと成分が効いていくように作られているものもあります。

錠剤を処方されたけどやっぱり飲みにくそうだったから砕いて与えた、というケースもあるかもしれませんが、
そういったタイプの薬剤は砕くと効き方が変わってしまいます。
勝手に薬の形状を加工したりせず、医師に相談するのが安心です。

また、中には食べ物と一緒に与えるべきでないものもあります。
猫の空腹時に与えないと効果が弱まってしまうものかもしれないのであらかじめ注意しておきましょう。

2.猫の動きを押さえる

猫が人間のように自分から薬を飲むことはありません。
猫がイヤイヤをしても、飼い主がしっかりつかまえて飲ませてあげることが必要になってきます。
猫をつかまえるには、バスタオルやシーツを使ってくるんだり、上に座らせたりするのがとても便利です。
机や床の上にタオルなどを広げておきます。
猫はタオルの手触りを好みますし、騒いでもすべりにくくなるので便利です。

猫をそっと抱き上げてタオルの上に置きます。
引っかいてきそうな場合は顔だけ出してくるんでしまいましょう。
誰か手伝ってくれる人がいる場合はそのまま押さえたり首根っこをつかんだりしてもらい、こちらは薬の投与を担当します。
一人でする場合は座り込んで、脚で猫をおさえたまま手で薬を与えます。

3.猫の口を開ける

薬を利き手に持ちます。
もう片方の手で猫の頭をかぱっと掴むようにし、親指と中指を猫の口の横にやります。
親指と中指にぐっと力を入れ、猫の口を開かせます。
横からあごをこじ開けるので、顔を固定できていれば噛まれる心配はありません。
また、強引に開かせても猫が怪我をしたりはしないので思い切ってやりましょう。

4.錠剤を飲ませる

錠剤を開いた口に落とします。
きちんと口の奥に入ったら、スプーン一杯の水をそっと流し込んで飲み込ませるとよいでしょう。

5.食べ物に混ぜ込む

強引な方法ではなく自然に投与したいと思う場合は、エサの中に混ぜ込んで食べさせる方法がよいでしょう。
効果的に与えるには、数時間の間はエサを隠して空腹にさせておくと良いでしょう。
おなかがすいた状態であれば一心不乱に食べるので、混ざっている薬にも気付きにくくなります。
ドライフードの中にエサを置いても食べてはくれなかったりするので、ウェットタイプのエサに混ぜたりお肉で巻いたりすると食べてくれやすくなります。

気まぐれで自由な猫ちゃんですが、健康を管理するためにはその特性を考えて上手に付き合うことが大切です。
必要だとは分かっても強引に嫌がる薬を飲ませるのは心が痛むものですよね。
猫はかわいい顔をしてはいても獣ですから、ちょっと心を鬼にして押さえつけたり口をこじ開けたりすることも必要にはなってきます。
けれどもがんばってお薬を飲んでくれた猫ちゃんには「よく飲んでくれたね」「がんばったね」とご褒美をあげましょう。
人にとっても猫にとっても少し大変なことですが、お薬タイムを通して更に愛着が強くなることもあります。

参考:http://www.wikihow.com/Give-a-Cat-a-Pill
http://www.wikihow.com/Open-a-Cat%27s-Mouth

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る