健美生活⑫アロマなトイレでリラックスタイム

f041916508c25a91d739a2292b7885a2_s

誰もが解放される、自分だけの空間…
それがトイレ。
人は毎日、数分以上をその中で過ごします。
トイレなんて汚いだけの場所?
いえいえ、トイレ掃除をすると運気が良くなるというように、成功者はトイレをも意識するものです。

成功者とまでは言わずとも、ちょっと仕事の合間などに行くトイレが綺麗か。
お客様を上げたときのトイレがおもてなし空間か。
それは、日々無意識に積もっていくイメージに大きく影響してきます。

■理想的なトイレに必要なもの

トイレ空間でリラックス・リフレッシュするためには何が必要でしょうか。
清潔さ?
ごちゃごちゃとした物を置かないシンプルさ?
十分なペーパータオルがあるかどうか?
色々なことが挙げられますが、やはり何といっても一番は「匂い」です。
用を足した後のニオイはもちろんスプレーなどでダイレクトに退治したいものですが、
そうでない時でも芳香がさりげなく香ることで、無機質で不潔な空間から居心地のいい空間になります。

■スタイリッシュに香らせるという発想

トイレに香りを与える場合、市販の芳香剤を置くのが最もポピュラーで簡単ですね。
でもナチュラル志向な人やこだわりのある人はケミカルな芳香剤を好まない場合もあります。
そんな時にはアロマオイルを使用して、スタイリッシュにそしてナチュラルに香らせることができます。

■アロマオイルを選ぶときは

さて、健康に意識の高い方はアロマオイルを何個か持っているかもしれませんね。
もしお気に入りがあれば、あるいは使わずじまいで古くなりそうなものがあれば、それを使ってみてもよいでしょう。
新しく選ぶ場合には気をつけたいポイントがいくつかあります。

・好きな香り、強すぎない匂いを選ぶ
トイレは部屋の中でも最も狭い空間です。
主に閉めきられる空間ですから、あまりクセの強いものを使うとリラックスできなくなります。
トイレの悪臭をごまかそうとしてつけた匂いで気分が悪くなっては本末転倒です。
悪臭のほうは別のスプレーなどで始末しましょう。

・オイルは一種類に絞らなくてもOK
匂いを選ぶというと、どれか一つに決めようとしてしまいますが、複数のオイルをブレンドしても全く問題ありません。
一番しっくり来る配合を見つけてみるのも楽しいですね。

・季節で変化をつけてみる
季節や気候によって、心地よく感じる香りは変わります。
春にはフローラル系のおだやかな香り、夏には柑橘系やミント系のさわやかな香りといった風に変化をつけるといいかもしれません。
また、お気に入りのハンドソープなどがあれば少し加えてみでもいいでしょう。

■アロマの香りをつけていく

では、選んだ香りをトイレットペーパーにつけていきます。
もちろんですが、ペーパーは無香のものを選びましょう。

ステップ1:アロマオイルをペーパーの芯にたらす
芯の内側に、オイルを1、2滴落とします。
芯を回しながらかけるようにしてみましょう。

ステップ2:落としたオイルを乾かす
すぐペーパーホルダーにセットせず、
オイルが十分浸透するまで置きましょう。

ステップ3:セットして回してみる
ホルダーにセットしたら、試しにロールを回してみましょう。
カラカラと回るたびに少しずつ香りがすればOKです。

ステップ4:香りが消えたらオイルを追加
芯にしみ込ませた数滴のオイルも時間が経つと薄れていきます。
匂いがなくなってきたらまた同じように追加してみましょう。
新しい香りを試してみてもいいですね。

■生活にとけこんだアロマテラピー

科学的な香りの芳香剤ではなくナチュラルなアロマオイルを使用することで、
トイレを使用するたびに香りの効果を受けることができます。
とくに女性の場合、トイレットペーパーを使用する頻度が多くなりますよね。
香りだけでなく、体調に合わせた精油を使ってみるのも良いでしょう。
忙しい日々を送っている場合や面倒くさがり屋さんにはアロマテラピーをするような余裕はないかもしれませんが、
一日に何度も利用するトイレで自然な精油の恵みが得られます。ぜひどうぞ。

参考:http://www.wikihow.com/Create-Air-Freshener-Inside-a-Toilet-Paper-Roll

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る