健美生活⑯超エコ・超簡単!重曹マウスウォッシュで健康な歯に

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

皆さん、元気な歯してますか?
歯はかけがえない人生のパートナー。
上手にケアしていきたいところです。

一時期、重曹を使用したホワイトニングが話題になりましたね。
少量の水で練ってペースト状にした重曹を歯に塗って磨く、
または重曹とイチゴを潰して混ぜたものを歯に塗って放置した後うがいをする
といった裏技を試された方もいるかもしれません。

■重曹は危険?

このような裏技に対し、警告する声も多く上がりました。
重曹には確かな洗浄力と研磨力があるので、
使い方によっては歯の表面を構成する大切なエナメル質が削れてしまうことになり、
かえって着色が進行したり、下層の象牙質の色が透けて逆に黄ばんで見えたり、
虫歯にかかりやすくなってしまうのではないかという意見です。

市販の歯磨き粉にも洗浄成分を研磨剤は含まれているので、
本当はどちらの方が「危険」なのかは議論の分かれるところですが、
確かにそう言われると不安が残るのも事実です。

重曹ではなくても、間違った歯磨き方法によって逆に歯や歯肉を悪くしてしまう人がそもそもいるので、
繊細で大切な口内、特に不可逆と言わている歯の扱い方については慎重になった方がよいでしょう。

■重曹のいいところ

では、歯にとって重曹とは実際どういうものなのでしょうか。
実は、いくつものメリットがあることが分かっています。

・体に安心
賛否両論がありますが、基本的に重曹は体にやさしく色々な用途に使うことができる物質です。
重曹のうち、料理やお菓子作りに利用できる食用のものは、食べてよい品質のものなので当然マウスケアにも利用できます。

・弱アルカリ性
重曹の性質は、弱アルカリ性です。
虫歯が口内の酸によって進行することは知られていますね。
では、酸性にならなければどうでしょうか。
進行させずに済みます。
重曹を口内に入れると、糖質で酸性に傾いた状態から中和してくれ、歯が溶けることを阻止してくれます。

・消臭効果
口内には食べかすなどがわずかに残っていたりします。
微量でも、それらが酸化すると臭いの原因になっていきます。
しかし重曹は酸性を中和するので、特定の悪臭に対しては効果的に働きます。
香料でごまかさない口臭対策になります。

■安心な重曹マウスウォッシュの作り方

口内のケアにぴったりな重曹の使い方は、水に溶かしてマウスウォッシュとして使うことです。
作り方はとても簡単で、大体500mlの水が入ったボトルに小さじ一杯の重曹を入れて混ぜるだけ。
歯磨きの前後や、食事の後、口をすっきりさせたい時などに利用できます。

味は少し塩辛いような渋いような感じがしますが、
保存料やアルコールの入ったマウスウォッシュに比べればずっと自然でやさしいものです。
もちろん、食用重曹を使っているので水ですすぎ直す必要はありません。
保存料を入れない水で作っているので、保管は冷蔵庫であれば一週間を目安に、古くならないうちに使いきりましょうね。

■歯の健康のために

歯ブラシや歯茎に直接重曹をつけて磨くのは安全かどうか判断が少し難しいところになりますが、
水に溶いた状態でうがいをするなら研磨される心配もなく安心です。
ぜひ普段の歯磨きと併用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る