くらしの事件簿⑭あれ?食品の100gってどのぐらい?

6fa12f53c55d5eaa9b25873fa79527a6_s

日常生活の中で、重さをはかって調節する機会ってよくありますよね。
肉などはもちろん、お惣菜などの量り売りなどでもよくある「100gあたり○○円」という表記。
これを見て、安いか高いかを比べたりしますね。

■実際100gってどのぐらい?

料理慣れしている人や仕事上で使っていて
グラム数に敏感な人は感覚的な目分量で分かると思いますが、
そんなに料理もしなければ重さに全く関係ない職業の人はちょっと分からなくなったりします。

「あれ、100gってどんぐらいだっけ…」

いつも手元にスケールがあるわけではないし、
買おうとしているものが全てグラム表記になっているとは限りません。
分かりやすく覚える方法は何かないのでしょうか。

■身近な食べ物に換算

さて、100gは身近な食べ物に換算するとどのぐらいになるでしょうか。

・ご飯
最も身近な食材であるご飯は、並の量が大体140g。
100gはというと、子供茶碗に一杯ぐらい。
また、コンビニで売られているおにぎりも大体100gぐらいになります。

・食パン
8枚切りの食パンは、2枚で100gになります。
朝はご飯党とパン党に分かれますが、
パン党の人には分かりやすいですね。

・そば
茹でる前の乾麺のそばは、100gごとに束ねられているので分かりやすいです。

・から揚げ
大ぶりのから揚げだと、2、3個程度で100gになります。
定食などでは、大体200gぐらい食べている計算になるでしょうか。

いくつか例を挙げてみましたが、意外と少ないと思われたかもしれませんね。
今度から量り売りをする時は慎重になってみると更にやりくり上手になるかもしれません。
水分量の少ないおかずを上手に組み合わせたいですね。

■計量カップを使う時

料理のレシピ等を見ていると、グラム数が出てきますね。
この時に難しいのが、固体の分量です。
例えばお菓子作りなどは料理よりも分量の間違えが致命傷になるので注意が必要。
牛乳100ccであれば液体なので、カップの100の目盛りまで注げばOKですよね。
ところが小麦粉や砂糖といった固体は、液体と違ってすき間がありますので
同じように量ると少なくなってしまいます。
大体の目安として、小麦粉の100gであれば200ccの計量カップの少し少なめ、8分目ぐらいになります。

■便利なアプリ

例えばパスタをゆでる時なども、ちょっと悩みます。
一人前ってどのぐらいだっけ…と調べると、
100グラムとか、
大食いの人でも200グラムは多いとか、
家族4人で500グラムといったことが出てきます。
やっぱり基本は100グラム。

ゆでるには時間がかかるので、出来上がってからやっぱり足りないと追加するわけにもいかないし、
かといって大量にゆでてしまって食べ過ぎるのも避けたい。
そんな時はやっぱりきちんと量りたいですよね。

そんな時に使えるのが
パスタメジャー(iPhone)
https://itunes.apple.com/jp/app/id526034950?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

キッチンにも持っていくスマホに入れておけば、
パスタメジャーがなくても簡単に正確な量が測れます。
これで料理がはかどりますね。

■知っておくと役立つ100g

改めて見てみると、やっぱり100gって少ないですね。
でも一つの単位としてしっかり体で覚えておくと、
買い物の時、料理の時にも役立ちますし、
また、「100gダイエット」という画期的なダイエットも気軽に試すことができます。

ぜひ、活用してみて下さいね。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る