特集!プロが教えるダイエット②運動編

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

こちらの記事
5位・6位・9位を選んだ人は、運動で痩せるタイプ
“正しい姿勢と歩き方”で痩せる!

参加講座は、
6/24(金)13:30~14:30 姿勢と歩き方について 鷹松講師

痩せてもリバウンドしてしまう(5位)
短期間に食事制限だけで減量すると、筋肉量が落ちてしまい、すぐにリバウンドしがちです。
しかも、筋肉量が落ちる=基礎代謝量が低下する事になるので、ダイエット前よりさらに太りやすい体質に!
リバウンドを防ぐためには、筋肉量を減らさないよう、食事制限と合わせて運動をする事が大切です。
とくに、身体の中でも大きな筋肉を鍛えれば、代謝低下の防止になり、リバウンドしにくい体づくりにつながります。

運動が嫌(6位)
運動=ハードなエクササイズではありません。
特別な運動をしなくても、普段から積極的に動くように心掛けるだけで、十分ダイエットになります。
例えば、エスカレーターやエレベーターに乗らず階段を使う、早足で歩く、姿勢をよくする、
といった事を意識するだけでもOK!普段の生活にちょっとした運動習慣をプラスするだけで、
1日の消費カロリーが100kcal近くも多くなると言われています。
続ければ、かなりのダイエット効果が期待できますよ。

体力が落ちて疲れやすくなる(9位)
食事法のみで減量すると、筋肉量が落ちて疲れやすい体質になってしまいます。
適度な運動を習慣にすることで疲労回復が早くなるほか、質のよい睡眠がとれる、冷え性が改善するといった効果も期待できます。
運動が苦手な人も、軽いストレッチやウォーキング、乾布摩擦などの手軽な方法から始めてみましょう。
とくに「乾布摩擦トレーニング」は、誰でも手軽に行えて、血流促進や代謝UPといったダイエット効果があるのでおススメです。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る