あなたはやってない?フェイスパックのご法度5箇条

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_m

みなさん、スキンケア、してますかー!!

美肌は女性の永遠のテーマ。
かたつむりパックとか流行りましたよね。
ヘビ毒パックなんかも…お風呂あがりに顔にヒヤッと乗せて肌ケアタイム…
美容液がたっぷりとしみ込んだマスクが密着してお肌に有効成分が浸透していく幸せ…
手で化粧水をパッティングするよりも効果はてきめんの素晴らしいグッズです。
でも、ちょっと待って!フェイスパックには「ご法度」があるのです。

ご法度1:毎日連用するなかれ!
フェイスパックはその使いやすさとひんやりした気持ちよさ、効果のありそうな感触から毎日やりたくなってしまいますが、実はそれは逆効果になったりします。
「えっ、美容液はお肌にいんじゃないの?」
もちろん、いいんです。いいんですが、あまりに外から与えてばかりでも逆に肌のバランスが崩れて毛穴が目立ってきたり、皮脂が多くなったりしてしまいます。
毎日やりたいという人は、毎日使うかわりに、もう少しグレードアップしたものを3、4日に1回程度にしてみましょう。習慣にするのではなく、贅沢としてお肌にあげる感覚です。そのほうが肌にも自然で、効果的でもあります。

ご法度2:長々と貼りつけておくべからず!
フェイスパックをしていると、放置しすぎて肌に貼ったままカピカピになってしまうことがあります。実はこれ、やってはいけないことで、説明書をよく読んでみると決められた時間が書いてあるはずです。
なぜいけないかというと、かわいたパックの繊維が肌に刺激を与えて、うるおしているつもりが逆にミクロの傷をつけてしまいかねないからです。
マスクは長時間つけなくても十分浸透します。少しでも長く、とケチケチしたりズボラに放置したりせず、規定時間を守って正しくお肌ケアをしましょう。

ご法度3:かよわき肌には安物乗せることなかれ!
お隣の美容大国韓国の影響などで、廉価なフェイスパックが出回るようになりました。日常の消耗品なので、お値打ちなのは本当にうれしいことですよね。けれども肌が敏感な方はちょっと待って!海外製のものは日本人の敏感肌に合わないことがあったりします。
美容のために使うのに逆効果になっては意味がありませんよね。かよわいお肌の方は、安さよりもクオリティを優先して国産の、安心できるものを使いましょう!

ご法度4:パックを過信するべからず!
現在はいろいろな美容パックが出回っており、特別な成分が入っているもの、高級なもの、さまざまです。バラエティ豊かな品を見て、夢が広がっていくかもしれませんね。
しかしここで気をつけましょう、パックは万能ではありません。映画『マスク』のようにあなたをなりたい姿に変身させてくれるものではなく、美容液を含ませたシートにすぎないのです。
たとえばサプリメントがそうであるように、パックも日常の生活習慣がきちんとした上でプラスアルファの効果を出していく補助アイテムです。
「この特性かたつむりパックがあるから夜更かししてもいいよね」と思っていると、美容の女神様がお怒りになるでしょう。日頃の行いをよくしてから、お守りを身につけましょう。

ご法度5:パック後にひと手間を忘れるなかれ!
美容液たっぷりのフェイスパックをして顔が十分うるおった、さあ寝ようかな、という人はちょっと待って!パックの後にひと手間をかけるか惜しむかで効果は断然違ってきます。
同じパックをしている人同士でも肌に差がついていくのは、パック後の乳液などでひと手間加えた肌ケアがあるからかもしれません。
うるうるのリッチな美容成分がお肌にいきわたったら今度は乳液でしっかりカバー。それが明日の肌に差をつけます。

いかがでしたか?普段フェイスパックをされる方は思い当たりがあったかもしれません。
せっかくするお手入れ。効果は十分発揮していきたいですよね。ぜひ、心がけてみてください。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る