身近なドリンク・紅茶のうれしい健康効果9つ

d9771421b5eacd84792a10ab6f385627_m

あなたは日常的に紅茶を飲みますか?誰でも気軽に飲める紅茶ですが、実は健康にうれしい効果がたくさんあります。
今回はそんな、緑茶の健康効果についてご紹介したいと思います。

1.酸化防止
活性酸素が健康に害を及ぼすことはよく知られており、そのため各種ビタミンや緑黄色野菜などを摂取することがよいとされています。
生活習慣病や老化、メラニン色素の生成を予防するのに役立ちます。

2.抗菌作用
紅茶は一般的な菌に対して殺菌作用を持っており、中でもボツリヌス菌に対しては緑茶より殺菌力が強いことがわかっています。
殺菌といっても腸内の乳酸菌などに害を及ぼすことがなく悪玉菌のみに働くので腸内環境の改善が望めます。

3.がん予防
悪玉菌への殺菌作用があるので、胃のピロリ菌を退治して胃がんを予防する効果も期待できます。
また、抗酸化作用もがん予防には効果的なものです。

4.ダイエット効果
お茶のカテキンが糖分分解阻害・脂肪吸収抑制作用を持ちます。ストレートで飲めばダイエットに役立つ飲料になるでしょう。

5.放射線対策
広島、長崎の被爆生存者のがん発生率を調べるとお茶を愛飲している人のほうが有意に低いという調査があり、また宇宙飛行士の放射線対策としてお茶が推薦された事例もあります。

6.疲労回復
紅茶にはカフェインが多く含まれているので疲労回復や脂肪燃焼などの効果があります。と同時に、紅茶に含まれるタンニンの効果によってコーヒーよりも働きがマイルドなので胃をいためたり神経過敏になることがなく安心です。

7.ストレス解消
香りや味を楽しむティータイムのリラックスがストレスをやわらげます。ちょっと高めの、こだわった選んだ茶葉も常備しておくとお茶のアロマでリラックスタイムが楽しくなります。

8.ミネラル
カリウム、カルシウム、マンガン、ナトリウム、フッ素といった主要なミネラルだけでなく、亜鉛、銅、ニッケル、モリブデン、セレンなどといった微量ミネラルも補給することができます。

9.ビタミン
ビタミンB1、B2、ナイアシンといった健康に必要な各種ビタミンも含んでいます。

いかがでしたか?
身近に飲める紅茶ですが、こんなにたくさんの健康効果があります。おいしく飲んで心身のケアもできるのがうれしいですね。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る