有名、でもよく知らない…ハロウィンってどんなイベント?

Halloween

素材屋さんや輸入食材店の店頭にハロウィン関連の商品が並ぶ季節になりましたね。
昔はそうでもありませんでしたが、近年は若い人を中心にハロウィンパーティーを楽しむ機会が広がっているようです。
かぼちゃのジャック・オー・ランタン、こまごまとした子供向けのお菓子、仮装パーティー、と楽しそうなイメージがいっぱいのハロウィンですが、もともとどんな由来があるかご存知でしょうか。
今回はそんなハロウィンについてご紹介します。

・ハロウィンってそもそもどういうもの?
ハロウィンは、10月31日の夜に行われます。アイルランドではこの日は日本でいうお盆に似ていて、あらゆる死者の魂が現世に戻ってくるのだそうです。また11月1日はアイルランドのキリスト教で「万聖節」という日に定められていますが、これは亡くなった聖人などが戻ってくるというものです。その前夜祭としてハロウィンがあります。
ハロウィンは秋の収穫の時期とも重なり、またアイルランドにおけるケルト人の大みそかでもあるので、そういった意味も込めた一大イベントなのです。

・仮装をするのには意味があるの?
ハロウィンには死者の魂が戻ってくると信じられていますが、その中には悪霊のようなものも混じっています。悪霊に悪さをされては困るので、おばけのような恰好でカモフラージュして紛らわせたり、驚かせて魔除けとするために仮装をするようになりました。
おばけや魔女などの恰好をするのがスタンダードですが、現代の仮装はそれに限らず、キャラクターや芸能人など色々なコスプレも行われます。

・かぼちゃの置物は?
オレンジ色のかぼちゃをくり抜いて中に蝋燭を置いたものを「ジャック・オー・ランタン」と呼び、ハロウィンになくてはならないものです。
これは、あの世から戻ってくる悪霊に対する魔除けの焚き火としてケルト人がしていたものです。また、ジャック・オー・ランタンにはいくつかの伝承があったりするので、調べてみると面白いでしょう。

・アメリカのイベント?
ハロウィンは、その楽しくてファンキーな感じから、アメリカンなイメージを持つ人も多いことでしょう。
もともとはアイルランドのケルト文化が発祥ですが、パーティー行事としてはイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアといった英語圏で広くおこなわれています。
なので、アメリカンな文化の一環として行う国もあります。日本はそういうパターンですね。

・”Trick or Treat”
ハロウィンはアイルランドからアメリカに渡ったイベントですが、その過程でキリスト教の風習が混ざってできたのが”Trick or Treat”です。もとは「魂のケーキ」というパンを人々に施して回る習わしが、お菓子に変化したものだといいます。
現代のハロウィンには仮装した子供たちが家を訪ね歩き”Trick or Treat”(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)と言います。大人はそれに対してお菓子を渡し、”Happy Halloween!”と返すことになっています。が、中にはあえてお菓子をあげずにいたずらをさせ、それに対抗して驚かしたりする遊び心のある大人たちもいるようです。ファンキーですね。

いかがでしたか?
日本人にはなじみが薄く、伝統的にもカオスな成り立ちのハロウィン、本格的にやるにはちょっとアメリカンすぎてハードルの高いイベントですが、仮装や飾り付け、お菓子やパーティーなど楽しい要素がたくさんなので今年は仲間内でチャレンジしてみてもいいかも?
パーティーとしてだけでなく、成立した歴史にも思いをはせてみると、国際交流にもきっと役立つことでしょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る