結露にNO!カビとおさらばする3つのポイント

1417ce24108d475e9b680f22834e3313_m

寒い日、冬になると窓に結露ができますよね。
場合によっては窓に水滴が出るだけでなくカーテンや壁、棚などにまでカビが広がって汚くなってしまいます。
カビは見た目だけでなく、吸い込んだときの健康面のデメリットもあります。
一旦ついたものを掃除をするのも一苦労ですから、発生を未然に防げればそれにこしたことはありません。
では、どのようにすれば結露を防止できるのか。その3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.結露は高温多湿が大好き
温かくない場所や乾燥した場所に結露が発生することはありませんね。そう、結露は高温多湿が大好きです。
湿度をもった温かい空気が室内にあり、外気に冷やされた冷たいガラス窓やサッシに触れます。
すると触れた部分の空気が冷え、含まれていた水蒸気が水滴となって表面に付着します。
これがあの結露のメカニズムになります。

ポイント2.暖房器具には特徴がある
冬の暮らしを支える暖房器具には色々な種類があり、特徴に応じて使い分けることが結露の防止につながります。
ファンヒーターやストーブといった燃焼系の暖房器具は、燃焼の科学反応によって目に見えない水蒸気を発生させます。
したがって、温度も上昇しますが湿度も上昇し、結露を起こしやすくなります。
この状態で喉を守るために加湿器を使用したりすると、かなりの湿度が部屋に充満することになります。
一方、エアコンや電気カーペット等電気を使用した非燃焼系の暖房器具は、逆に室内の湿気を奪って乾燥させます。
したがって、燃焼系の暖房と電気系の暖房をうまく組み合わせて使うことによって室内の湿度がコントロールできます。
頻繁に窓に結露が起こる場合、室内の湿度について意識してみるとよいでしょう。

ポイント3.換気と通気を忘れずに
冬は部屋を暖かくするために窓を閉めるので湿気がこもりやすくなります。
一瞬寒く感じますが、時々は窓を開けるなどして適度な換気によって湿度の調節をしましょう。
また、家具などの配置を変えて通気をよくすることによって結露が起こりにくくなることもあります。
時々は家具の配置を変えてみましょう、棚の裏などの汚れを見つけることができ、また、気分もリフレッシュします。

冬の結露はカーテンや壁にカビを生えさせる元になり、どうにかしたい現象のひとつです。
結露の起こるメカニズムを知って、気になる窓際のトラブルにそなえましょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る