知っておきたい香水まめ知識基本編

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s

日頃のおしゃれの一部に、香水というアイテムを取り入れることがあります。
誰もがつけるというわけではないけれど、あ、つけてるな、っていう方を時々見かけますよね。
香りは嗅覚に働きかけ、イメージや気分を盛り上げてくれます。
効果的に使うとその人らしさが演出できますが、一つ間違えると台無しになってしまうかも…
今回は、そんな香水のキホンについてご紹介していきます。

■香水ってどういうもの?
香水とは、調合した香料をアルコールや蒸留水などに溶かして作られたものです。
ですから、ひとくちに香水と言っても実はそれぞれ濃度が違いますし、また香りが持続する時間などもそれぞれ違ってきます。

■覚えておきたい香水の種類
香水の種類は大きく分けて4種類あります。パルファン、オーデパルファン、オーデトワレ、オーデコロン。

・パルファン(parfum/extrait)
濃度は15~25%、持続時間は5~7時間と、香水の中では最も存在感があるものです。
パーティーやフォーマルなシーンなどにふさわしいですが、香りが強いため微量ずつつけましょう。
・オーデパルファン/パルファンドトワレ(eaux de parfum/EdP)
濃度は10~15%、持続時間は5時間前後。パルファンに近い雰囲気ですが比較的手頃に手に入ります。
また、いろいろな種類があるので本格的に香水を選んでみたい方におすすめです。つける時は、シュッとひと吹きします。
・オーデトワレ(eaux de toilette/EdT)
濃度は5~10%、持続時間は3~4時間ほど。
濃厚というよりはライトな香りになるのでカジュアルなシーンに向いています。
使いやすく、香水らしさもあわせ持っているので人気があります。
パルファンやオーデパルファンのように濃く長持ちするものではないので、日中と夜で香りを着替えるような使い方もできますね。
・オーデコロン/オードトワレ・レジェール/オードレジェール(eaux de Cologne/EdC)
濃度は3~5%、持続時間は1~2時間ほど。最もライトな種類の香水です。
全身にかけても大丈夫なので、運動の後や気分転換したいときなどに適しています。

香水初心者の方には、まずはオーデコロンやオーデトワレなどの濃度が低いものがおすすめです。
段々香水に親しんできて、使いどころも分かってきたらオーデパルファンやパルファンにトライしましょう。
また、アルコールを含まないオーデサントゥールというものもあり、こちらは敏感肌やアルコールアレルギーの方でも利用できるものになっています。
香水としての濃度は3%以下で継続時間は1~2時間というとてもライトなものです。未成年の方でも楽しめますね。

■香水の香りは奥深い

●つける人で香りが変化する?
香水を選んでつける場合、その香りを気に入って身につけますよね。
けれども同じ匂いが自分から香っていくのかというと、実はそうではないんです。
つけた香りと人間の体が発する自然な香りが自然に混ざり合っていくので、たとえば同じ香水を体質のちがう3人がつけた場合、時間とともに香りが違っていくことになります。
日本では男性が女性用の香水をつけても大丈夫ですが、体温が高く皮脂が多い傾向にある男性がつけるとしつこい匂いになってしまったりすることがあります。

●つけた後で香りが変化する?
香水は、身体や衣類にかかった時から香りはじめ、時間とともに変化していきます。
移り変わっていく3段階の香りをトップノート、ミドルノート、ラストノートと呼びます(ノートとはメモ帳のことではなく、音色という意味)。
・トップノート
つけてから10分程度の時間。アルコールと一緒にはっきりとした香りが広がります。
・ミドルノート
つけてから約30分~2時間はミドルノートの時間。香水本来の姿があらわれることから、ミドルハートとも呼ばれます。
・ラストノート
つけて2時間を過ぎるとラストノート・ベースノートと呼ばれる最後の香りになります。
濃度によって持続時間は異なりますが、どの種類でもこの段階に入ったあとは余韻を楽しむような香り方になります。
ちなみに、フランスやイタリアといったヨーロッパではトップノート→ミドルノート→ラストノートとはっきり変わるものが好まれる一方、アメリカではほとんど変わらないもののほうが人気があるそうです。文化の違いですね。

●多彩な「香調」がある
香水の香りは様々ですが、香りの特徴によって分類することができます。
・シトラス
レモンやライムなど柑橘系の香り。軽くさわやかでオーデコロンに多い。
・フローラル
バラ、ジャスミン、スズランといったお花の香り。
・フルーティー
果物の香り。
・アルデヒド
合成香料のことで、フローラル系の濃厚な香り。
・シプレ
ベルガモット、オークモスをベースとした香り。
・フゼア
ラベンダー、ゼラニウムがベース。多くは男性用。
・オリエンタル
バニラ、没薬(ミルラ)、乳香(オリバナム、フランキンセンス)などのエキゾチックな天然樹脂系ベースの香り。
・アニマリック
ムスク、霊猫香などの動物由来の香り。
・ウッディ
白檀やバチュリといった香木がベースの香りで男性向けに多い。
・オゾン
マリンノート、アクアノートとも。完全な合成香料で、自然界にはないスイカのような清涼感ある香り。男性用に多いがユニセックスでもポピュラー。
日本人には、フローラル、フルーティー、オゾン、オリエンタル、シプレが特に人気です。

●香料の種類は3つ
魅力的な香りを作るもとである香料は、大きく分けて 植物性天然香料、動物性天然香料、合成香料の3つです。
植物性のものは、花、果実や種、木などから抽出され、ローズ、ジャスミン、ラベンダー、カモミールなどがポピュラーなものです。オレンジなどの柑橘系もありますね。
動物性のものは、ジャコウジカのムスクやマッコウクジラのアンバーなどが代表的ですが、近年は動物愛護のために合成香料に切り替わってきているものもあります。
合成香料では、科学的な方法で匂いを作ります。天然の素材だけでは難しかった香りも表現できるようになり、幅広い香水が楽しめるようになりました。

いかがでしたか。日本では欧米ほど香水が普及していませんが、これを機会に新しい一本を楽しまれてみてもいいかもしれませんね。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る