憂うつな部屋干し臭と縁を切る!お洗濯小技いろいろ

cd802e1433d20aaf509fb7e1bb81e36e_s

汚れた服を洗濯機にポン、洗いあがった服をハンガーで吊るす…
日常のお洗濯はとてもシンプルですね。

でも、クンクン… 洗ったのにソラマメみたいな靴下みたいな臭いがすること、ありませんか?
そう、げんなりするような「部屋干し臭」です。

■部屋干し臭を撲滅しよう!
日常の悪臭にはいろいろなものがありますが、その原因はひとつ、雑菌です。
トイレ、生ごみ、雑巾… すべて、雑菌が繁殖してニオイが発生していきます。
「えっ、洗濯してキレイになったから、雑菌はもう居ないでしょ?」というあなたに、洗濯物と菌のことについてご説明します。

・洗濯物には菌がいっぱい!
私たちが着用した衣類には、体からしみ出た汚れ、外から付着する汚れなどがたくさんついています。
それを洗い流すために洗濯をしますが、洗濯されるまでの間に、さらに菌が増えていきます。
まず、脱いだ服をすぐに洗わず溜めておくと、そこで菌が増えやすくなります。
洗濯かごに入れている人は大丈夫ですが、じめっとした洗濯そうの中にどんどん放り込んで放置している人は要注意。
ただでさえ通気が悪い洗濯そうの中に汚れものが溜まっていくと、雑菌はどんどん倍増します。

これを読んで、「私の洗い方、菌だらけだよ…」と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫!
白物であれば塩素系漂白剤を入れたり、色物でも殺菌・抗菌作用のある洗剤を使いましょう。
そうすれば増えた菌もやっつけることができます。

・洗い上がりも油断禁物!
さて、めでたく洗い終わった洗濯物。すっかりキレイになりましたが、油断してはいけません。
なぜなら、濡れた洗濯物は雑菌にとって好ましい環境だからです。菌に増殖するスキを与えず乾かしていきましょう。

室内で干す場合、高くなっている湿度を下げることが有効です。
除湿機、エアコン、扇風機、あるいは自然風を通して、洗濯物から湿り気を奪いましょう。
場合によっては、アイロンをあててから干すのも有効です。

また、湿度がそんなになくてふつうに干せるという場合でも、洗濯物同士の間隔をあける、乾きにくいものを風通しのよいところにかける、などの工夫をして早く乾くようにしましょう。

・基本的にやってはいけないこと
清潔に洗濯物を仕上げるためにやってはいけないのは、お風呂の残り湯を使うということです。
汚いお湯を使うのはもちろんいただけませんし、あまり汚れて見えなくても、体の汚れや浴槽の汚れがとけこみ、温度で雑菌が増えた残り湯を洗濯物にしみこませるのは良いことではありません。
服に臭いが残ってしまったりして洗い直しをすることになれば、そのほうがずっと水の浪費になります。
お洗濯のためには最初から新しい水を使いましょう。

また、洗いあがったものを濡れたままにしておくのは避けましょう。
眠くても疲れていても、清潔な服を着られる明日のために、がんばって干してしまいましょう。

いかがでしたか。毎日のお洗濯に少し気を付けて、更にすっきりした日々を送ってみてください!

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る