歯ブラシいらず!どこでもできる簡易歯みがき3種類

dream of dentist

うがい、手洗い、洗顔、はみがき。
体を清潔に保つための毎日の衛生習慣ですね。
寝る前や食後に歯ブラシのある状況ならば歯をみがけますが、外出先や不慮の事態などでは歯磨きができません。虫歯は、一度なってしまうと基本的に自然治癒することはありません。また、口臭なども出てきて気になります。
今回は、いつでもどこでもできる簡易な歯みがきの方法をご紹介します。

簡易歯みがきその1:うがい
うがいは、最も身近な口内のケアです。ただの水でも、勢いよく何度も繰り返せば簡単な食べかすや菌はざっと洗い流すことができます。とくに、糖分の多いものを飲み食いした後は口ゆすぎをして口内の酸性度を中和すると歯にやさしくなります。
水でなく、お茶がもしあるのなら、お茶で軽くゆすぐと殺菌効果とフラボノイド効果で口臭予防になります。緑茶などのお茶には、歯を強くする天然のフッ素も含まれており、歯の健康のためにはまさに一石二鳥といえる飲み物です。糖分を含みませんから、うがいだけでなく通常の飲用にもよいでしょう。
もちろん、口のグジュグジュうがいだけでなく喉のガラガラうがいも行えば風邪などに予防にもなりますね。

簡易歯みがきその2:指歯みがき
歯ブラシがない!そんな時でも、指を使って歯みがきすることが可能です。歯と歯の間に指は届きませんが、表面をきれいにする分には十分です。指で磨くと、お皿を洗っているときのようにキュッキュッという触感できれいになっているのが分かります。
指なら歯ブラシよりも当たりがやさしいので、そのまま口の中、舌などを清掃してしまいましょう。
また、ティッシュや紙ナプキンなどでこするのも歯垢を落とすには有効です。お手洗いなど、人目の少ないところでやってみましょう。歯垢をリフレッシュすることができるので、抵抗あえなければおすすめです。

簡易歯みがきその3:ミント系清涼グッズ
歯みがきはできない、したくない場合でも口内のリフレッシュはしたいですよね。そんなときにはミント系ガムがおすすめです。シュガーレスのものを、歯の汚れをくっつけるように噛んで、唾液も飲まずに吐き出せば簡単な歯みがきになります。噛むことで分泌される唾液も歯や口内衛生のためによいので、どんどん噛んでいきましょう。

以上、3通りの簡易歯みがきをご紹介しました。口内の健康は全身の健康につながります。神経質にならず、無頓着にもならず、うまくマウスケアしていけるといいですね。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る