薬なしでも乗り切る!車酔いを軽減するための知恵袋

ec19b6a51999c45bce92a0c2252bfc00_s

あなたは、乗り物に酔いやすいタイプですか?
乗り物酔いは本当に苦しく、想像しただけで憂うつになってしまうもの。

今は高性能な酔い止めが手に入るので、飲めば安心。
でも、酔い止めがない!飲み忘れた!という場合もありますよね。
今回は、そんな時でも車酔いを最小限にするための小技をご紹介します!

小技①おやつと飲み物でコンディションを整える
車内で口にするおやつや飲み物は、車酔いに効果のあるものがあります。
例えば甘いものを食べて脳をしゃっきりさせると少し酔いにくくなります。
炭酸飲料で胃をさっぱりさせると気持ち悪さが軽減されます。
ショウガにも胃をおちつかせる作用があります。嫌いでなければ少し摂ってみるとよいでしょう。
梅干しを食べてると唾液が分泌され、三半規管を整えるので酔いにくくなります。味もさっぱりしていますね。

反対に、避けたほうがよいものもあります。
こってりがっつりしたものは胃や体に負担がかかるので酔いやすくなります。また、食べ物やタバコなど臭いが強いものはだんだんその臭いが気持ち悪くなってくることがあります。同乗者にも影響がありますので避けたほうがよいです。上で挙げた炭酸飲料ですが、ペットボトルのものなどで飲み残したままの炭酸飲料はぬるくなり、なんとなく気持ち悪いので逆効果になります。炭酸を飲むときは飲みきりサイズにしましょう。

小技②体調のよい状態で乗る
疲れていたりお腹がすいていたり、体調の悪いときは乗り物酔いにもなりやすいです。もし、横になれる席があるのなら寝て過ごしてしまえばよいですが、座ったままで長時間過ごすのは更に体にストレスがかかります。できるだけ体調をよくして乗り物に乗りましょう。

小技③よい精神状態で乗る
体の調子だけでなく、気持ちも車酔いには大きくかかわってきます。心の調子を崩したことがある人ならわかると思いますが、心理状態は体に問題がなくてもいろいろな不調をひきおこします。吐き気もそのひとつですね。
そこまでは行かなくても、車酔いするという心配やストレスで本当に酔いやすくなってしまうものです。できるだけ気持ちを楽にして、あまり車酔いのことは考えず楽しい音楽を聴くなどして乗るとよいでしょう。そしてもし酔ってしまってもいいやと開き直ってエチケット袋を用意しておいたりするのもいいかもしれません。

小技④体勢を工夫する
あまり意識されないことですが、車酔いの予防には体勢を工夫することが有効です。
例えば、カーブなどをまがるときにそのまま車の慣性にふりまわされるよりは、動きを感じながらも体をまっすぐに保ったほうが酔いにくくなります。
また、手元でスマホをしたりせずに遠くの景色を眺めたほうが酔いにくいのはよく知られています。
基本的に、シートではあまり頭を動かさないで背もたれに頭をつけておくのが良いそうですが、人によっては景色の流れと目の動きを合わせたほうがいいという人もいます。
また、道路の舗装が粗くてガタガタと揺れるような場合はシートに体を密着させていると振動がモロに伝わってすぐに気持ち悪くなってきますので、極力シートに体をつけず直立姿勢で座るほうがよいです。
もし、工夫の甲斐なく酔いの気配がやってきた場合は、できるだけ体を横にして休むと楽になります。更に眠ってしまえば酔いは全く関係なくなります。
とはいえ、シートの関係もありますし自分の体に合わない慣れない体勢を無理にしてもかえって負担が大きくなりますので、これを参考にご自分が一番楽な姿勢を見つけてみて下さい。

小技⑤身に着けるものを工夫する
車酔いは、身に着けるものによっても予防することができます。
例えば、体はできるだけしめつけずにゆったりとした服装をすることが大事です。また、暑すぎたりすると酔いやすくなるので車内の温度に合わせた服装が好ましいでしょう。
旅行用品コーナーに、乗り物酔い防止のリストバンドが売っていたりもするので、それを試してみる方法もあります。
民間療法として、梅干しをばんそうこうでおへそに貼りつけるとよいという言い伝えもあるので、酔い止めがないときはおまじない程度に思ってやってみるのもアリですね。
変わったところでは、色の濃いサングラスをかけたりアイマスクをしたりすることによって目から入る情報をなくし、平衡感覚のギャップをおさえるという方法もあります。

小技⑥もうとにかく色々な方法で楽になろう!
車酔いは本当に苦しく、吐いたりしてしまうのは辛いので、状況が許すかぎりいろいろな方法を試しましょう。
車の場合、できるだけソフトな運転をしてくれる人に頼むとよいでしょう。あるいは、もう自分で運転してしまえば酔うこともありません。
バスではなく車であれば、窓をあけて外の空気を吸うことが酔いの軽減に役立ちますね。
もし席が選べるのであれば、進行方向がわかりやすい席がよいでしょう。トイレつきの長距離バスの場合、トイレの側だとなんとなく気分がよくありませんし臭いがするかもしれませんので、できるだけ避けて座るとよいでしょう。逆に、トイレ近くの席しかなかった場合は、むしろ酔ったときにいつでも安心して駆け込めるとポジティブにとらえ、楽に乗りましょう。
運転者は同乗者とちがって酔いませんが、その運転者の視点になりきって行き先をシミュレートしたりエア運転したりするのもアリかもしれません。

■おわりに
以上、色々な車酔い対策をご紹介してきましたが、体質や過去の条件づけなどは人によってさまざまです。いいと言われていることでも合わなそうであればすぐにやめ、よくないと言われていることでもなぜか自分には効果がある、ということならやっていきましょう。もしこの記事が参考になり、少しでも憂うつな車酔いを軽くするお手伝いができればと思います。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る