実は知らない暮らしの知識シリーズ⑥エコな食器洗いテク6つ

50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s

家で料理をしたりすると必ず出るのが洗い物。
作って食べるまでは良くても、食べた後の汚れた食器を洗うのは本当に面倒で憂鬱ですね。
そんな毎日の洗い物ですが、エコで効率的に済ませるテクニックをご紹介したいと思います

テクニック1 食器はできるだけ重ねない
使用後の食器は、形が同じものはつい重ねてしまいがち。けれども重ねてしまうと食器の裏まで汚れがくっついてしまいます。さらりと落ちる汚れの場合はともかく、油脂分のある食器には何も重ねないようにしましょう。

テクニック2 ライトな汚れ、汚れの見えやすいものから洗う
皿洗いをするときは、汚れがライトなものや汚れの見えやすいものから先に洗っていきます。
例えば、まずグラスを洗い、次にお皿を洗い、最後にフライパンを洗うという順番が理想的です。油っぽいものを洗った手とスポンジで、ほとんど汚れていないグラスを洗ってしまったら逆に汚れをつけてしまうことになります。
ここまで極端な例でなくても、汚れのレベルに合わせて洗うテクは意識するとよいでしょう。

テクニック3 拭いてから洗う
これはエコと時短のためにとても大切な工夫です。
とくに油脂分の多いぎっとりしたものの場合、いらないボロきれや新聞紙などで拭ってから洗うようにしましょう。また、ヘラのようなものでけずり落としてもいいですね。
がんこな汚れを流し台の中で扱うと、なかなか落ちなかったりスポンジがひどく汚れたりして気分もすっきりしませんし、また、下水に油汚れを流すという意味でも避けたい状況です。よりハッピーな皿洗いのために「サッと拭いて洗う」これをキャッチフレーズにしてみましょう。

テクニック4 ムダ水を活用する
洗い物にはなんといっても水が必要。調理の際に野菜を洗う水はもちろん、お米のとぎ汁や麺類のゆで汁などといった水をためておきましょう。これは汚れた食器をつけておくには十分きれいな水です。
特に、とぎ汁や麺類のゆで汁などはデンプンが含まれており、これは油汚れを落ちやすくしてくれるものです。ぜひ活用して無駄なく水を使いましょう。

テクニック5 すべてのものに洗剤を使わない
食器洗いといえば液状の洗剤。この洗剤でスポンジをアワアワにするのが食器洗いのようなイメージがありますが、それはエコなイメージとは言えません。また、手をいためる原因にもなります。
洗剤がなくても充分落とせる汚れがあります。油汚れがなければ流水で十分なのです。例えばご飯がくっついただけの茶碗やお茶だけを注ぐ湯呑みなどは、洗剤がいりません。
来客があるときや食中毒が心配な季節などはこの限りではありませんが、不要な洗剤は使わずにすませる習慣をつけるとスマートな皿洗いになります。

テクニック6 流水を利用する
流しに汚れものが置かれた状態で手を洗ったりすることがありますよね。こういう場合は、汚れの落ちにくいものを蛇口の下に置いた状態で手などを洗って流水を活用しましょう。
同じ流れていく水なら、そのまま排水口に行くよりもその途中で少しでも汚れを流してもらいましょう。

まとめ
皿洗いは毎日のようについて回る家事です。水の使い方、洗剤の使い方、効率的な手順などを工夫することで、小さな積み重ねが大きくなって返ってきます。
ただ漫然と皿洗いをしてもつまらないものですが、効率よく洗いものをさばけると気分も良くなります。ゲーム感覚でエコロジーに家事をしていきましょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る