投票日!投票のしかたをおさらいしよう

fb6d4d4f5873591acc5076d10e44d79e_s

今日は第47回衆議院議員総選挙(衆院選2014)の投票日です。あなたは期日前投票をしましたか?それともこれから?
これを読んでいるあなたはもしかして今日が初投票かもしれませんね。そんな方のために今回は投票のしかたをご紹介します。

■投票の時間、場所

投票できる時間帯と、あなたの投票所は手元に送付されている「投票所入場整理券」又は「選挙のおしらせ」に書かれています。投票所入場整理券を持って時間内に出向きましょう。
小さいお子さん連れでも投票ができます。

■会場での流れ

入場券を受付に出し、「名簿対象係」で本人確認を受けると投票用紙を渡されます。
用紙を持って、パーティションで区切られている投票記載所に行き、記入をします。
記入が終わったら投票箱に投函し、終わります。

■投票用紙の書き方

・選挙区選挙
候補者のうちから一人選び、正確に氏名を書きます。氏名以外のことを書くと無効な票となりますので気をつけましょう。

・比例代表選挙
名簿にある候補者のうちから一人選び、正確に氏名を書きます。または、支持する政党の名前を書きます。

候補者の氏名は投票記載所に貼り出されているので見ることができますが、前もって選挙広報などを見て決めておくのが良いです。

・最高裁判所裁判官国民審査
辞職してほしい裁判官の名前があれば、その上に×印を記入します。

投票用紙は丸めたり、小さく折りたたんだりしないようにしましょう。

■身体が不自由な方の場合

・視覚に障害のある方でも投票ができます。受付で、投票管理者に「点字で投票したいです」と伝えましょう。

・病気、けがなどの事情で字が書けない場合、受付で「代理投票したいです」と伝えましょう。そうすると2人の補助がつき、一人があなたの代わりに字を書きます。そしてもう一人は立会いをします。

■入場券をなくしてしまった場合

投票所入場券がなぜか届かなかった、あるいは紛失してしまった場合でも投票は可能です。遠慮しないで係員に申し出ましょう。

■まとめ

参政権は国民の大事な権利です。
一人の国民としての意見を国に伝える貴重なチャンス、ぜひ活かして投票に行きましょう。

関連記事

今月のイベント一覧

開催イベント一覧

ページ上部へ戻る